AGA治療薬のプロペシア


プロペシア商品詳細を確認する

AGA治療に有効な薬としてプロペシアがとても有名。プロペシアはアメリカ、メルク社の子会社である万有製薬会社が近年日本で発売を開始しました。

プロペシアとはいったいどのような薬なのでしょうか?

プロペシアと同成分のフィナロイドの紹介

フィナロイド紹介バナー

プロペシア歴史

実はプロペシアは歴史の浅いAGA治療薬です。
プロペシアの主成分「フィナステリド」はアメリカのメルク社が男性ホルモンの働きを抑制する薬の一つとして開発。元々は前立腺肥大症や前立腺癌の治療に使われていた成分で前立腺肥大症を治療する薬として1992年にプロスカーという名称で認可されました。
しかしフィナステリドを利用した患者に副作用として発毛がみられたためAGA治療薬として研究を開始。1997年12月にアメリカ食品医薬品局(FDA)はフィナステリドをAGA治療薬として認可しました。
これが日本で使用されているプロペシアになります。

現在、世界60カ国以上で承認され、日本では2005年に厚生労働省に認可され発売が開始されました。

プロペシアの効果

AGAの一番大きな原因とされているのが、男性ホルモンです。
男性ホルモンの一つに「ステトステロン」というものがあり、この「ステトステロン」と5αリダクターゼ(還元酵素)が結びつくと、AGAの原因ともいえる強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が作り出されます。
この「ジヒドロテストステロン(DHT)」がホルモンバランスを乱しAGAが進行していくのです。詳しくは⇒「AGAの原因」で。

プロペシアは「ジヒドロテストステロン(DHT)」が作り出されるきっかけとなる5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害しAGAの原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増加するのを防ぐ働きを持ちます。
※新陳代謝が活発な若い世代、「若はげ」には効果的とされています。

つまりプロペシアは発毛・育毛を促す薬ではなく「ジヒドロテストステロン(DHT)」によってヘアサイクルが短くなった髪の毛を通常のヘアサイクルに戻し抜け毛を予防する治療薬ともいえます。ヘアサイクルが長く(通常に)なることで髪の毛が抜けにくく太いものになるため、髪の毛全体のボリュームが増えることになります。

プロペシアの副作用と注意点

プロペシアの効果だけを見るとAGAの万能薬のようにも感じられます。しかしこういう治療薬がありながらも私たちの周りにはAGAの悩みを抱える人が後を絶えません。
実はAGAに効果的なプロペシアには数多くの注意点や副作用が存在するのです。

毎日服用しなければならない

プロペシアは毎日服用しなければなりません。目安としては約6ヶ月。その間毎日1錠(1mg)のプロペシアを飲み続けなければ効果が得られないとされています。

さらに効果が出たからといって、服用をやめてしまうとまたAGAは進行していき薄毛や抜け毛がまた増えてきます。
専門外来で治療されている場合、内服薬のプロペシア以外にも外用薬や、生活習慣の改善などで治療前と比べた場合頭皮環境は間違いなく好転されてはずですが、少なくともプロペシアの男性ホルモン抑制効果は失われることになります。

はげの治療・プロペシアは保険適用外

プロペシアだけに関わらず「はげ」の治療は自由診療、つまり健康保険が適用されない自費診療となります。
この保険に適用するか適用しないかは厚生労働省によって決められるのですが、厚生労働省は「はげ」を加齢と共に進行していく一種の生理現象とし、病気や怪我などと区別しています。

もちろんはげの治療に使用されるプロペシアも保険適用外となり全額自費負担となります。

プロペシアにかかる費用

では一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?
自由診療となるため金額は病院やクリニックによってまちまちですが1ヶ月分で8000円~10000円が相場となります。
※ただしこの金額には診察代は含まれていません。

副作用

ごく稀なケースではありますがプロペシアには副作用が確認されています。副作用は以下の通りです。
◎性欲減退
◎勃起不全
◎ED
などの性機能関連の症状が主になります。ただ副作用が出ても日常生活に影響がでないものがほとんどで、副作用の発症率も全体の1%~5%とほどとなっています。

女性は使用不可

プロペシアは男性型脱毛症、通称AGAのみに効果が期待できる治療薬です。
女性でも薄毛や抜毛に悩んでいる方もいると思いますが、プロペシアを女性が使用することは禁止されています。

プロペシアは5αリダクターゼ(還元酵素)に働きかけ抜毛の原因である、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増加するのを防ぐ働きを持つのですが、実は女性にも男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)は存在しています。
女性の体内のジヒドロテストステロン(DHT)は男の子を妊娠した場合に生殖器を形成するために必要なホルモンとなります。

つまり、女性が使用すると男の子を妊娠した時生殖器障害を持った子供が産まれてしまう可能性があるのです。妊娠中はプロペシアに触れることすら危険とされています。しかも女性がプロペシアを飲んでも男性と違ってその効果はほとんど得られないとされています。

これと同じ理由で、生殖器が未発達な子供にも使用厳禁となるので注意が必要となります。

プロペシアと医療費控除

医療費控除とは自分を含め家族のために支払った医療費の一部を、所得から控除するというものです。
この場合、怪我や病気などにかかた費用のことを指し、美容目的の場合は対象外となります。

ではプロペシアの場合はどうでしょう。
これは意見が分かれるところですが、実際は各病院によって判断が異なるようです。
基本的には医師の診断を受け処方箋が出ていれば対象となり、通販なのどでプロペシアを購入し処方箋が無い場合は対象外とされるのが一般的のようです。

ただ、医師の診断を受け処方箋が出ていても対象外とされる場合があるので、治療前に対象になるかどうか確認しておくと良いでしょう

プロペシアの初期脱毛

プロペシアは男性ホルモンを抑制し抜毛を減らすAGAにもっとも効果的な治療薬とされています。
しかし、服用を始めて1~2ヶ月間程度服用前以上に抜毛の本数が増えることがあります。これを初期脱毛といいます。

なぜ、初期脱毛が起きるかまだ詳しくは解明されていない部分がありますが、AGAは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって、ヘアサイクルが(短縮)乱されたことによって起こります。
プロペシアは乱れたヘアサイクル(毛周期)を通常に戻す働きがあるので、すでにジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受け休止期に入っている髪の毛が大量に抜け落ちていると想定されます。

これは、健全な髪の毛が抜け落ちているのではなく、
抜け落ちて当然の髪の毛が抜け落ちたに過ぎないので抜毛が悪化しているわけではありません。その後生えてくる髪の毛は抜けにくいものに変わってきます。つまりプロペシアの初期脱毛は、治療薬が効いている証なのです。

但し、この初期脱毛には個人差があり全く初期脱毛を感じられない人もいます。初期脱毛が感じられないから薬が効いていない訳ではないので安心してください。

大切な事は治療を続けることです。

上記でも説明していますが、プロペシアの効力が実感できるまで約6ヶ月ほど必要となります。

プロペシアの値段と通販

プロペシアを入手する方法は二通り存在します。

1つ目は病院やクリニックで医師の診断を受けて処方箋をだしてもらう。
二つ目は海外からの個人輸入を利用して通販で入手する方法です。

どちらにも、メリットとデメリットがあります。
若はげのAGAの治療は短期間では終わりません。
二つの入手方法のメリットを最大限生かして経済的にAGA治療に取り組みましょう。

病院やクリニックで医師の診断を受けて処方箋を出してもらう場合のメリットとデメリット

メリットはもちろん安心感です。
病院できっちり診断をされて処方される訳ですから、基本的に治療薬も治療法方にも間違いがありません。

デメリットは費用です。
とにかく高いです。プロテシアは保険適用外なので治療薬も診察代も全て自己負担となります。価格も病院によってまちまちですが、プロペシアと診察代を含め1万円~1万5千円/1ヶ月くらいは必要です。
また、プロペシア自体を処方していない病院も多々存在します。

海外からの個人輸入を利用して通販で入手するメリットとデメリット

メリットはもちろん価格です。
AGA治療に1万円~1万5千円/1ヶ月かかる病院に比べ、個人輸入の場合はその半額程(6000円前後)の金額でプロペシアを入手することができます。

デメリットはとにかく不安であるということ。
そもそも自己判断で「自分にプロペシアが必要」と思い込むのは危険です。プロペシアはAGAに効果を発揮する治療薬です。他の脱毛症(円形脱毛症など)の場合その効果は発揮されません。
さらにインターネットが普及して色々な物がマウスをクリックするだけで簡単に手に入る社会になりました。しかしその手軽さゆえに偽物の流通が後を絶えません。もちろんこれはプロペシアにも言える事で、何の効果もない治療薬(治療薬といえない物)をプロペシアとして販売されているケースも少なくあります。

個人輸入(通販)でプロペシアを入手される場合は、いかに信頼できる(実績をもつ)個人輸入代行サイトを選ぶかが重要になります。

では安心してなおかつお得にプロペシアを付き合うためにはどうすればよいでしょうか?

プロペシアと上手に付き合う方法

①最初6ヶ月は医師・専門医の診断をきっちり受けプロペシアを処方してもらう。
②6ヶ月後からは信頼できる(実績をもつ)個人輸入代行サイトからプロペシアを購入する。

若はげの原因はほぼ「ジヒドロテストステロン(DHT)」なので基本的にはプロペシアは効果を発揮してくれますが、まず自分がAGAだと思ったら最初の6ヶ月は必ず医師の診断を受けるようにして下さい。
これは、先程も説明しましたが本当に自分にプロペシアが必要かどうかは素人判断では難しいです。せっかくプロペシアを安く仕入れても効果が無ければ意味がありません。
さらに、個人差はありますがプロペシアの効果が実感できるまで約6ヶ月必要とされています。この期間は医師の指示のもとでプロペシアを服用するのが無難です。

プロペシアの効果が実際に確認できたら、信頼できる(実績をもつ)個人輸入代行サイトからプロペシアを購入するようにします。
やはり、病院の半額程度の値段で購入できる個人輸入代行サイトは魅力的です。

(※プロペシアよりさらにお得なフィンペシアという治療薬もあります。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品となります。有効成分は同等で1/3程の価格で購入することが可能です。)

プロペシア フィンペシア
2012年11月時点の価格
28錠5900円
2012年11月時点の価格
30錠1500円
画像をクリックすると、現在の価格を確認することができます。
プロペシアとフィンペシアの違いについて

 

プロペシアが効かない人

プロペシアはAGAに効果的な治療薬ですが、残念ながらプロペシアが効かない人がいます。詳細な原因は解明されておらず、AGAと認定されながらも体質的に10%の人がプロペシアの効果が得られていないというのが実情です。

また、頭皮環境が悪い場合は例えプロペシアを服用してもその効果は得られにくいです。
◎頭皮が硬い ⇒ 頭皮マッサージで抜毛予防
◎強いストレスを感じる ⇒ ストレスは髪の毛を弱らせる
◎睡眠不足 ⇒ 「はげ」と「睡眠」の関係
などの要因を抱えている場合はプロペシア服用と同時にこれらの改善も図るようにしましょう。

さらに、プロペシアが効かないという人の中にはそもそもAGAではない方もいます。
プロペシアは「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増えるのを防いで抜け毛・薄毛を防止します。つまり「ジヒドロテストステロン(DHT)」か関わらない脱毛症には効果がありません。
こういった方のほとんどは医師の診断を受けず、自己判断でプロペシアを服用している方がだと思います。

プロペシアの効果」参照

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ