プロペシアのジェネリック医薬品-フィナバルド

フィナバルドとは

フィナバルドとはフィナステリドを主成分としたAGA治療薬で、AGAの治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品となります。繰り返しになりますが、フィナステリドはAGA治療のために最も有効とされている成分となります。
(※ジェネリク医薬品とは特許の切れた医薬品を他の製薬会社が製造し供給している医薬品のことを指します。)

フィナバルドの大きな特徴として、価格帯があげられます。
フィナバルドはジェネリック医薬品となるため先発医薬品であるプロペシアのように莫大な開発費・研究費がほぼ必要とされませんでした。そのため、プロペシアと比べると安価に購入することが可能となっています。AGA治療は長年に渡りフィナステリドを摂取していく必要があります。コストを下げることによりフィナバルドはAGA患者の費用面での負担を減らしてくれます。

フィナバルドは2013年現在日本では認可されていないAGA治療薬となっているため、病院などで処方してもらうことはまずないです。入手方法はネット通販などに限られます。
フィィナバルドはオオサカ堂にて購入することが可能です。

2つ目はの特徴としてキノリンイエロー不使用ということがあげられます。
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なのがフィンペシアです。フィンペシアもフィナバルド同様にプロペシアと比べると安価に入手可能なAGA治療薬となります。ただフィンペシアはフィナバルドと違いキノリンイエローというコーティング剤が使用されています。

キノリンイエローとはフィンペシアの有効成分であるフィナステリドを錠剤の中に閉じ込めておくためのコーティング剤です。ここで注意が必要なのがキノリンイエローの副作用です。まだ実際に実害がでているわけではないのですが、キノリンイエローにはタール色素を使用しているため「発がん性」が疑われています。そのため日本では、食品への使用が禁止されている添加物となります。

ただ、フィンペシアに使用されているキノリンイエローはごくごく微量であることと、それに加え実害の報告がないためアメリカやヨーロッパなのでは問題ない成分として認可されています。
(※日本でも医薬品・化粧品等への添加は認可されています。)

ただ、上記でも述べた通りAGA治療はフィナステリドを長期服用することになるため、キノリンイエローを使用していないことにこしたことは無いでしょう。そういった意味でもフィナバルドは安心して服用ができるAGA治療薬となります。

フィナバルド フィンペシア プロペシアの違い

項目 フィナバルド プロペシア フィンペシア
主成分 フィナステリド
効果 5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害しジヒドロテストステロンの増加を防ぐ
国/メーカー インド/East West Pharma社 アメリカ/メルク社 インド/シプラ社
価格 約1600円
(30錠 個人輸入)
約5500円
(30錠 個人輸入)
約1700円
(30錠 個人輸入)
1日あたり 約53円 約183円 約56円
キノリンイエロー 不使用 不使用 使用
発がん性の疑いあり。但しインド・アメリカ・ヨーロッパなどでは安全性に問題のない成分とされている。

フィナバルドの副作用

フィナバルドの主成分はプロペシアと同様、フィナステリドを主成分とした抗アンドロゲン薬となっております。つまり副作用もプロペシアと同様となります。

確認されている副作用は以下の通りです。

性欲減退

異常性欲状態のことを指し性交したいという感覚が著しく低下してしまうことをさします。ただ、フィナステリドは性欲を司る男性ホルモンを減少させる薬ではなく、あくまで「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを阻害することにより「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を防ぐものであるため、理論上はフィナステリドを服用することによる性欲減退は考えにくいとされています。

肝機能障害

肝臓は大きくわけて3つの役割を担っています。
第一に代謝
食物などから吸収した様々な栄養素を貯蔵し必要な時に栄養素を供給しエネルギーの糧とします。
第二に解毒効果
お酒のアルコールやタバコのニコチン、老廃物などの身体にとって有害な物質を無害なものに変換する働き
最後に胆汁の生成
肝臓は胆汁と呼ばれる液体を生成します。
この胆汁は脂肪の消化や吸収を助ける働きと、肝臓でつくられた老廃物を流す働きを持ちます。

プロペシアを開発したMSD社は重篤な肝機能障害は報告されていないものの体内にフィナステリドを吸収ることにより、これらの肝臓の働きが正常に機能しない可能性があると発表しています。

胃部不快感

身体が健康な時にはほとんど気にすることの無い胃の健康状態ですが、少しでも体調の崩れを意識をしだすと「なんとなく気持ち悪い」「胃がムカムカ」するなどの医療機関に行ほどのことでもないものの、胃の不調を感じる場合があると思います。この症状のことを胃部不快感といいます。

この症状はプロペシアの副作用臨床試験で報告があがっているので主成分が同じであるフィナバルドでも同じ症状が現れる可能性があると言えます。

ただ、プロペシアの臨床試験時に報告された胃部不快感は、フィナステリドをまったく含まないプラセボと呼ばれる偽薬を服用した場合でもほぼ同じ割合で副作用の報告があがっているため、心理的作用が大きいとされています。

フィナバルドの用法・用量

フィナバルドは1日1錠服用します。
フィナバルドの主成分であるフィナステリドの吸収率は食前・食後でその違いがほとんどみられなかったため、服用の時間帯はご自信のタイミングで問題ないとされています。

ただ、体内でのフィナステリド濃度を一定に保たせるため、毎日同じ時間帯に服用されるほうが効果が期待できるとされています

フィナバルドの口コミ

下記の口コミは「安心信頼の個人輸入代行・オオサカ堂」で掲載されている口コミとなります。(※口コミはあくまで使用者の私見となります。必ずしもそうだとは限りません。)

3箱買えば約1年服用できますから、大変お得な買い物になると思います。
服用開始から2ヶ月ほど経ち、今のところ細いながらも毛は確実に生えています。

1年間ほどフィンペシアを使用しておりますが、成分の関係でキノリンイエローの入っていないものを探しておりました。エフペシアと迷っていましたが、より安価なこちらを購入することにしました。期待を込めて★5つ。過去幾度とオオサカ堂にて注文していますが毎回問題なく届いております。

つむじが薄くなってきたと思い、ミノキシブルとの併用で飲み始めて4か月ほどですが、明らかに濃くなっています。フィナバルド単独での効果はわかりませんが、ミノキシブルとの併用では私にはとても効果がありました。

フィナバルトを服用して3ヶ月たちました。 今のところ肝機能などの副作用は感じられず、性欲に関してもやや減退した程度〔個人差有り〕です!
効果の方は 確実に抜け毛は減っています!
今後も続いて行きます。

毛髪が生えて来るまでの実感はありませんが、一定以上抜け毛を抑えられています。また、注文時から代金決済、発送案内、商品到着まで安心してお付き合い出来るショップです。

フィンペシアを2年飲み続けましたが、キノリンイェローが心配で、今回、フィナバルドを購入してみました。フィンペシアが無味だったのに対して、フィナバルドはやや苦みがあります。アルミシートから取り出すのがやや不便ですが、慣れればどうってことはありません。とりあえず、1年間信じて飲み続けます。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ