AGA治療に欠かせない成分「ミノキシジル」

ミノキシジルはプロペシアに含まれる主成分・フィナステリド同じくAGAの改善、治療にはなくてはならない薬用成分の1つです。
AGA治療の専門病院ではこのミノキシジルとフィナステリドの2大成分を軸にAGA治療が進められていく場合が多いです。

歴史

ミノキシジルの成分は元々高血圧を改善するための血管拡張剤として1960年代に米国のアップジョン社が開発し多くの高血圧患者が内服薬として利用していました。
しかし、このミノキシジルの成分を内服した患者から副作用として育毛効果がみられたため、ミノキシジルの育毛効果について研究が始まり、1980年代にはげの治療薬として販売を開始されました。

これが、はげの外用薬として有名なロゲインです。
(※日本では大正製薬から一般用医薬品として販売されているリアップシリーズが有名)

効果

AGAが進行する大きな原因として加齢と共に進行する毛細血管の収縮があげられます。これは血管が収縮すると血流が悪くなり血液の中に含まれる髪の毛を成長させる成分が十分に毛乳頭に行き届かないためです。

ミノキシジルはこの収縮した毛細血管を拡張させる働きをもちます。また毛細血管が拡張するだけでなく、髪の毛を作り出す毛母細胞に直接働きかけ細胞分裂を活性化させ太く丈夫な髪の毛を増やす効果が期待できるとされています。

副作用と注意点

ミノキシジルにもプロペシアの主成分であるフィナステリドと同様、いくつかの副作用と注意点があります。

注意点としてまず最初に知っておいて欲しいのが、効力を発揮する部位です。
ミノキシジルは頭頂部の薄げに効力を発揮する成分となります。これには理由があり頭頂部以外の生え際には、はげの根源とも言える男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の力が強く、(全く効かないと言うわけではありませんが)効き目があらわれにくいです。

(※頭頂部以外の生え際にはフィナステリドが効力を発揮します。
詳しくは「AGA治療薬のプロペシア」で)

副作用としてはまず、血圧が低下してしまうということが上げられます。
冒頭でも述べましたが、ミノキシジルは元々高血圧を改善するための血管拡張剤として開発されました。発毛剤として開発しなおされたとはいえ、血管拡張効果は無くなってはいません。
元々血圧が低い方や、高血圧で治療を受けている方などはミノキシジルの利用を控えたほうが良いでしょう。

また、皮膚が弱い方も注意が必要です。
皮膚が弱い方には、頭皮の炎症・かゆみ・脂漏性皮膚炎など
その他に眠気・頭痛・体重増加などの副作用も確認されています。

副作用が確認された場合はすぐに医師に相談するようにしてくださ。

初期脱毛

ミノキシジルを使用しはじめて、1ヶ月程度微量に抜毛が増える場合があります。これを初期脱毛といいます。

ミノキシジルの使用でなぜ初期脱毛がおきるのか?
実は科学的に細かいことは解明されていません。
この辺はプロペシアのフィナステリドとおなじです。

ただ一般的には、ミノキシジルによって毛母細胞が活性化されるため、すでに退行期から休止期に突入しても頭皮にとどまっている髪の毛が新しく生まれてくる髪の毛に押し出されるように抜け落ちるといわれています。
つまり、育毛の準備段階のようなものだと考えられています。。

実際、症例として初期脱毛後は太く抜けにくい髪の毛が生えてくるケースが多いです。

注意してほしいのが初期脱毛の量です。
大層に「初期脱毛」という言葉が用いられますが、その量は普段の抜毛+10%程の少量なものです。
仮に普段の1.5倍や2倍の初期脱毛が見られる場合は直ちに医師の相談するようにしてください。

入手方法

薬局で

ミノキシジルが含有されている育毛剤商品はお近くの薬局で購入することができます。
大正製薬が販売している、リアップシリーズがそれです。
2012/11現在
ミノキシジル含有率1%のリアッププラス
ミノキシジル含有率5%のリアップX5
女性用として
女性の髪と頭皮のことを考えた、リアップリジェンヌが薬局なので購入することができます。
いずれも外用薬となるので内服薬と比べると効果は薄いです。(副作用の影響は受けにくいです)

個人輸入代行サイトで

個人輸入代行サイトでもミノキシジルを購入することが可能です。
個人輸入代行サイトの場合、外用薬はもちろんのこと直接体内に取り入れる内服薬も購入することができます。
ただし、海外では認可されている治療薬となるのですが、国内では未認可となります。つまり、個人輸入代行サイトで購入される場合全て自己責任になるので、注意が必要です。

私も利用している、オススメの個人輸入代行サイトを紹介しておきます。

ミノキシジルとフィナステリドの併用

ミノキシジルとフィナステリドの併用はAGA治療に最も効果的とされています。
この2種類の治療薬は、薬理作用が異なるため同時併用しても問題はないとされています。

フィナステリド
AGAの原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を抑制
ミノキシジル
収縮した毛細血管を拡張させ髪の毛に栄養を運搬されやすくする

現にAGA専門病院で治療を受けると、AGAと診断されるとほとんどの場合、この2種類の成分を処方されることになります。
ただし、注意してもらいたいのが(上記でも少し触れていますが)日本国内でミノキシジルは未認可であるということです。
(※ミノキシジルは日本国内未認可であるため一般の病院で内服薬として処方はまずありません。)

プロペシア(フィナステリド)はともかく、ミノキシジルは海外では認可されていますが国内では未認可の成分となります。そのため重大な副作用が現れても国の医薬品副作用保護制度にはあてはまりません。

ちゃんとしているAGA専門病院なら必ず治療薬のデメリットも説明してくれるはずです。
発毛効果が出やすいため個人輸入代行サイトでもこの2種類をセットで販売されているケースが多いです。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ