分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは「産後脱毛症」とも言われています。

文字からある程度想像はつくと思いますが、出産後の女性にみられる脱毛症のことをさします。

分娩後脱毛症の原因は、大きく分けて2つあるといわれています。
1つは栄養分が胎児に運ばれてしまう為です。
お母さんは「へその緒」を通じて常に胎児に栄養を供給しています。この時、本来お母さんの髪の毛に送られるはずだった栄養素までも胎児に供給してしまいます。そのため、お母さんの髪が痩せたり、抜け落ちたりするとされています。

2つ目は女性ホルモンの影響
妊娠すると、女性ホルモンが増加します。
この女性ホルモン髪を抜けにくくする働きをもちます。つまり本来ならば毛周期(ヘアサイクル)によって自然脱毛するはずだった髪の毛が、女性ホルモンの影響で強引に寿命を延ばされてしまいます。
そして、出産後女性ホルモンが通常の量になると、強引に寿命を延ばされていた髪の毛たちが一気に抜け落ちるのです。

分娩後脱毛症は一時的なものなので他の脱毛症のように心配する必要は無いと思います。たいていの場合、1年程で自然治癒し通常の髪の量にもどります。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ