ビオチンは頭皮・頭髪の環境を整える水溶性ビタミン

ビオチン(別名:ビタミンB7・ビタミンH・補酵素R)は、多くの食材に含まれており腸内細菌によっても合成されるため栄養バランスのとれた食事をしていれば、極端に不足することはありません。

ただし、不規則な生活や、過度なストレスを受け続けると、腸内環境が乱れ悪玉菌が増え始めます。悪玉菌が増えると腸内細菌の働きが悪くなるためビオチンが不足しがになってしまいます。

ビオチンが不足してしまうと、抜毛や白髪が増えることがわかっていて、そのほかにもアトピー性皮膚炎・肥満症・不眠症・神経障害が起こりやすくなることも確認されています。(※ビオチン不足による掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という皮膚疾患が有名)

ビオチンの効果

ビオチンには皮下組織の毛細血管の血流をよくする働きがあり、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化させいます。
その結果抜毛や薄毛を予防するといった効果を期待することができます。

さらにビオチンはたんぱく質を生成するのを助ける働きを持ちます。髪の毛はたんぱく質を主成分としているため育毛にも効果的と言えます。

ビオチンの吸収をミヤリサンが助ける

腸内にはビオチンを食べてしまう悪玉菌が存在します。
ビオチン欠乏症になる人というのは、この悪玉菌がビオチンが腸から吸収される前にビオチンを食べてしまうからなのです。
ミヤリサンはビオチンを食べる悪玉菌を抑制する働きがあります。

ビオチンとミヤリサンを同時に摂取することで効率的にビオチンを摂取することが可能にになります。

ビオチンの副作用と注意点

ビオチンなは水溶性のビタミンなので、多少過剰に摂取しても問題はないとされています。

一日の摂取量の目安は成人で約30μg程度となり、この量は健康的な食生活をしていれば、特にサプリメントなどで補給しなくても十分に摂取可能な量となります。(卵黄・レバー・豆類・いわし・レバー・落花生・ローヤルゼリーなどに含まれる。)

ただし、妊娠中の女性のビオチン過剰摂取は注意が必要です。
あくまで、動物実験の話ですがビオチンに過剰摂取による、胎児の奇形が確認されています。
(※人間における催奇形は確認されていません。)
私達人間の退治は妊娠4週~12週頃に心臓・目・鼻・中枢神経などの主要器官が形成されます。
念のため、この時期のビオチン過剰摂取は避けるようにしたほうが良いでしょう。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ