髪の毛の基本構造

私たちが普段から目にしている髪の毛(頭皮から出ている髪の毛)のことを毛幹部。そして頭皮から毛根にかけて目に見えない部分の髪の毛は毛根部と区分されています。
そして髪の毛はケラチンというたんぱく質を主成分とし、ケラチンは約18種のアミノ酸で構成され大きく3つの層に分けることができます。

かっぱ巻きをイメージしてみてください。
中心に細いきゅうり。
その外側に米。
さらに外側にのり。

髪の毛はこの構造によく似ています。
髪の毛できゅうりにあたる部分を毛髄質(メデュラ)と呼びます。

毛髄質(メデュラ)
タンパク質と脂質で構成されている部分。
毛髄質(メデュラ)は空気をためる働きを持ち高温・低温から頭皮や脳を守る働きをもちます。
また、毛髄質(メデュラ)は太さやコシの強さに大きく関わっており毛髄質(メデュラ)が太いと太く硬い髪の毛になる傾向があります。
乳幼児の髪の毛には毛髄質(メデュラ)がありません。そのためコシの無い柔らかな髪の毛となります。

かっぱ巻きの米に当たる部分は毛皮質と呼びます。

毛皮質(コルテックス)
髪の毛の大部分を占めるのがこの毛皮質(コルテックス)。
毛皮質(コルテックス)は、紫外線から頭皮や脳を守る働きを担っています。
また、メラニン色素を多く含み人種によって、髪の毛の色が違うのはこのメラニン色素の量が違うためです。

最後は、かっぱ巻きの「のり」に当たる部分。この部分を毛皮質(キューティクル)と呼びます。

毛表皮(キューティクル)
髪の毛の一番外側の薄い層。
形状は魚のウロコのような構造をしており、汚れがつきにくくさらに髪の毛の栄養分を外に逃がさないようにする働きを持ちます。
見た目や手触りに大きく影響する部分でキューティクルが壊れると髪の毛が水分を保持することができなくなり、見た目もパサパサ・柔軟性もなくなってしまいます。

※ちなみに髪の毛は、皮膚などと違い自然治癒能力はありません。一度傷ついてしまった髪の毛は生えかわるまで傷ついたままなので、大切にケアしていきましょう。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ