カラーリングやパーマが髪の毛にダメージを与える

カラーリングやパーマが髪の毛にとって良いことでないことは、ほとんどの方がご存知だとおもいますが、なぜ良くないのかと聞かれると分からない方も多いのではないのでしょうか?

まずカラーリングですがカラーリングは大きく分けて3つの方法があります。

永久染毛剤

カラーリングをする女性のほとんどがこの永久染毛剤を利用しています。
永久染毛剤の特徴は、髪の毛の奥深くまで染料が浸透するため、色持ちがいいのが特徴です。染めてから1ヶ月程度なら再び染めなくてもほとんど気にならないと思います。
しかし、この方法はメラニン色素を分解して色を定着させるため、髪へのダメージがかなり大きいです。
特に髪の毛が細く「コシ」が無い方が永久染毛剤を使用すると、髪の毛に深刻なダメージを与えてしまいます。
薄毛を気にされている方はできる限り永久染毛剤を使用しないことをおすすめします。

半永久染毛剤

ヘアマニキュアやカラーリンスのこと。
染料が髪の毛の表面内部に定着し髪の毛に色を付けます。髪の毛の内部といってもほとんど表面上でメラニン色素は分解しません。
そのため、色持ちは2週間程度となりますが、髪の毛へのダメージは軽いものとなります。

一時染毛料

その名の通り一時的に髪の毛を染めます。
上記の2点は髪の毛の内部に入り込み髪の毛を染めるのですが、一時染毛料は分子が大きいため髪の毛の内部には浸透しません。
半永久染毛剤よりも髪へのダメージは少なくなりますが、水分を含むとすぐに落ちてしまいます。

結論を言えば薄毛や抜毛を気にするのであれば、カラーリングは避けるべきですが、女性にとってカラーリングは必須のオシャレ要素とも言えるので、「全くしない」というのは難しいでしょう。
せめて、「カラーリングの間隔をできるだけあける」だとか「髪の毛が細いコシの無い場合は永久染毛剤ではなくダメージのすくない半永久染毛剤」にするなどして、できる限り髪の毛の負担を減らしてあげるようにしましょう。

パーマ

パーマもカラーリング同様に髪の毛に大きなダメージを与えます。
そもそもパーマは髪の毛を形成するケラチン分子をパーマ(第一)液にによって強引に切断して髪の毛をこしの無い柔らかいものに変え、この状態でロッドに巻きパーマ(第二)液でケラチン分子を強引に結合します。
イメージとしては、「硬いものをバラバラに切断して別の形に変えてテープで貼り合わせる」ようなものです。
想像するだけで髪の毛にとって良くないことがわかると思います。

髪の毛にとって大きな負担となるので、パーマもできる限り避けていただきたいです。

しかし、カラーリング同様パーマも女性にとって重要なオシャレ要素となるので、なかなか「全くしない」というのは難しいでしょ。
せめて、パーマ後の頭皮ケアは念入りにするようにしましょう。

①低刺激アミノ酸系シャンプー
パーマの後しばらくは頭皮が刺激に非常に敏感になります。刺激の強いシャンプーなどを使うと頭皮が炎症を起こしフケやかゆみの原因となってしまいます。
低刺激のアミノ酸系のシャンプーで頭皮の汚れを落とすようにしましょう。

②頭皮マッサージ
加えて、アミノ酸系シャンプーの後は頭皮マッサージをするようにしてください。血行促進で痛んだ髪の毛に栄養分が豊富に運ばれます。
詳しくは⇒「頭皮マッサージで抜毛予防」で

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ