女性特有の薄毛の原因と対策

女性は男性に比べ薄毛になる割合はかなり低めですがそれでも、約10人に1人の女性が薄毛に悩まされています。

男性と比べ割合は低めなのですが、「女は髪が命」というくらいです。男性の場合は「はげ」ても笑い飛ばせる方もいるでしょうが、女性の場合はそうはいきません。
女性の薄毛は男性の薄毛と比べて進行がゆっくりなため、薄毛の進行気づかずに数年前の写真と見比べて発覚するなどのケースも多いです。
今からしっかりと薄毛対策をしていきましょう。

分娩後脱毛症の薄毛は心配しなくても大丈夫

これこそ女性特有の脱毛症です。
分娩後脱毛症は産後脱毛症とも言われ、その名の通り出産後に起こる一時てきな脱毛症です。

原因は「栄養分がお腹の中の赤ちゃん優先に運搬されるために髪の毛に行き届かない」また、「妊娠中は髪の毛を抜けにくくする女性ホルモンの量が増大します。そのため産後に通常の女性ホルモン量に戻ると、今まで無理矢理成長させられていた髪の毛が通常のヘアサイクルに戻り一気に髪の毛が抜け落ちる」などがあげられます。
しかしこれらは、一時的なものなので1年程で自然に治癒するので過度に心配しなくても大丈夫です。

効果的に自然治癒させるために、髪の毛を構成するタンパク質を普段の食事やサプリメントなので積極的に取り入れることで、治癒期間の短縮を期待することができます。

仮に1年で治癒しなければ、それは他の原因が疑われます。
産後一番多いのが育児疲れによるストレスです。
ストレスは血管を収縮させ血流を悪くします。血流が悪くなれば髪の毛に栄養が行き届かないので、もちろん薄毛・抜毛の原因となります。
その場合は「ストレス発散」や「頭皮マッサージ」・「育毛剤」などを利用して血流良くすることで改善されます。

髪の毛を長時間引っ張る髪型は牽引性脱毛症に注意

女性は、いろいろな髪形でオシャレを楽しむことができると思いますが、ここにも薄毛や抜毛の原因があります。それが牽引性脱毛症です。
牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)とは「ポニーテール」や「ツインテール」「お団子」など髪の毛をある程度の強さで引っ張って束ねるタイプの髪型を長くしていると起こりやすい脱毛症となります。原因は大きく分けて2つ。

1つ目は血行不良

髪の毛は強く引っ張られると毛乳頭に負担がかかり血行が悪くなります。そのため薄毛になったり、抜毛が増えたりします。

2つ目は紫外線

同じ髪型を長い時間していると、生え際は無防備に紫外線を浴びてしまいます。
紫外線は、頭皮の細胞を破壊したり頭皮を硬くし髪の毛の成長を妨げたりします。

「髪の毛を強く結ばない」「髪の毛の結ぶ位置を変えて分け目を変える」などの対策をとるようしましょう。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ