正しい洗髪(シャンプー)方法

普段何気なく、当たり前のようにしている洗髪。

この洗髪こそが、はげ対策の基本中の基本になります。
「ただのシャンプーやリンスでしょ!!」という声が聞こえてきそうですが、とんでもありません。
この洗髪の方法次第で脱毛症はずいぶん変わってくるはずです。

洗髪前の準備

まずは、洗髪前には髪の毛を少しでいいのでブラッシングしておきましょう。
ブラッシングすることによって、髪の毛についたチリやホコリなどを取り除くことができます。
また、洗髪時の指通りもよくなるので、髪の毛を無理に引っ掛けたりすることも少なくなります。

次は温度を高めにしてシャワーでゆっくり(1分程度)髪の毛を流してください。温度は41度もしくは42度程がよいと思われます。これには2つの目的があります。
1つ目は髪の毛と頭皮の汚れを落とすこと。実はこの段階で髪の毛と頭皮の汚れの7割程は落ちています。
そして2つめは毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせることが目的となります。長い間湯船に浸かっていると指先がふやけますよね。これと同じで頭皮もふやけさして毛穴の汚れを取りやすくしておくのです。
次はいよいよシャンプーです。

シャンプー開始

シャンプーは髪の毛を洗うものではありません。
シャンプーは頭皮を洗うものです。ですので、髪の毛を洗うというより頭皮の汚れを落とすイメージで洗っていきます。頭皮を洗っていると発生した泡で頭髪の汚れは自然に落ちていきます。

シャンプーをする上で重要な3つのポインント

①シャンプーは必ず手になじませてから
②絶対にツメでゴシゴシしない
③シャンプーは1分程度に!!

シャンプーは必ず手になじませてから

欲を言うと泡立ててからが望ましいです。
シャンプーにもよりますが、一般的なシャンプーはドローとした溶剤になっていると思います。
手になじませないでそのまま頭皮につけると、溶剤が頭皮の一箇所に固まりやすく洗い残しの原因になります。

絶対にツメでゴシゴシしない

ちょっと頭皮にかゆみを感じるとツメを立ててゴシゴシ洗いたいですよね。気持ちはわかりますが我慢です。
頭皮は刺激に非常に弱く、ツメをたてて洗うと頭皮が炎症をおこし、さらなるフケやかゆみを伴います。
頭皮は必ず、指の腹で洗うようにして下さい。

シャンプーは一分程度に

先ほども言いましたが、シャンプー前の温度の高めのシャワーで髪や頭皮の汚れは7割程度は落ちています。
あとは、毛穴に残った頑固な汚れを落とすだけです。
一分程度と言いましたが、すでにほとんど汚れが落ちた状態になっているので、一分もなくてもよいかもしれません。
指の腹に少し力を入れてスピーディーに毛穴の汚れを落としましょう。
※洗いすぎは、頭皮の必要な油分まで取ってしまい、頭皮が乾燥してしまいます。乾燥した頭皮はフケをつくりやすい環境となってしまいます。 

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビュー

「すすぎ」はしっかりと

とにかくしっかりすすいでください。
頭皮にシャンプー溶剤が残るとシャンプーの強い洗浄力で頭皮が炎症を起こします。つまりフケ・かゆみ・脱毛の原因となります。
目安は3分前後。とにかくシャンプーの溶剤をしっかりとすすいでください。

トリートメント・コンディショナーでしっかり頭皮ケア

シャンプーの後にはトリートメントもしくはコンディショナーを必ずするようにしましょう。
シャンプーの後は皮脂が洗い流され保護膜が少なくなっているため頭皮は過剰に皮脂を分泌して保護膜を形成しようとします。この過剰な皮脂分泌がフケやかゆみの原因になることがありあす。

トリートメントやコンディショナーには保護膜の働きがあるため、シャンプー後の過剰な皮脂分泌を抑える働きをもちます。もちろん髪の毛の状態も整えてくれます。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ