正しいドライヤーの使い方

洗髪後は必ずドライヤーで髪・頭皮を乾かすようにしてください。

「ドライヤーの熱は髪の毛を痛めるから自然乾燥」と言う方もおられると思います。確かにドライヤーの熱は髪の毛にダメージをあたえますが、髪の毛を濡れたままにしておくとそれ以上のダメージをあたえることになります。

一番影響が出やすいのはキューティクル(水分や栄養分保持の働きをもつ)です。
通常キューティクルは、ウロコ状に髪の毛に添って形勢されていますが、濡れた状態の髪の毛のキューティクルはウロコが開いた上体になっています。開いたキューティクルは刺激に非常に弱く、破壊されやすいのです。

また、頭皮や髪の毛を濡れた状態にしていると雑菌が繁殖しやすいため臭いの原因になったりもします。
必ず自然乾燥は避け、ドライヤーで乾かすように心がけてください。

前置きが長くなりましたが、ここからが「正しいドライヤーのかけ方」となります。

まず、ドライヤーの準備段階として、バスタオルでできる限り頭皮、髪の毛の水分をふき取ってください。この作業によりドライヤーで熱風を当てる時間がかなり短くなります。(※キューティクルは熱にも弱いです。)

この時に注意していただきたいのが、水分のふき取り方です。
何も考えずにゴシゴシしてしまうと、キューティクルが傷つく原因となります。髪の毛が長い方は両手で挟み込むように。髪の毛が短い方は、タオルを頭皮に「グッグッグッグ」と押し付けるように水分を取ってください。

十分に水分をふき取れたら次はいよいよドライヤーです。
ドライヤーはまず、頭皮を乾かすイメージで髪の毛の根元に温風を送り込んでください。そして徐々に毛先の方に向かって乾かしていきます。これは水分が髪の根元から毛先に移動していくためです。はじめに毛先を乾かしてしまうと、根元を乾かす時の熱で毛先の水分が必要以上に失われ、髪の毛がパサパサになってしまいます。

髪の毛がほぼ乾いてきたら(7割~8割程度)温風から冷風に切り替えてください。冷風に切り替えることにより開いていたキューティクルがキュッと引き締まります。これでドライヤー完了です。

少しめんどくさい気もしますが、髪の毛や頭皮には重要なことなので是非実践していただきたいです。

ドライヤーの当てる時のポイント
同じ場所に熱風を当てない
ドライヤーは頭皮から約20cmは離して使用する
ドライヤーは根元から毛先へ
最後は冷風で仕上げをする

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ