帽子ははげを防止する?促進させる?

みなさん帽子をどのような時に使用しますか?

「夏場など陽射しがきつい時の日よけのため」
「冬場の寒い時の寒さ対策に」
「おしゃれやファッション目的」

などが一般的でしょうか?
実は、この帽子もはげに深く関わっていて使い方によっては「はげを防止」したり逆に「はげを促進」させてしまったりします。

帽子がはげを防止する

頭皮に強い刺激や衝撃を受けるとはげの原因になります。
外傷を受けることはもちろんのこと、紫外線を頭皮・頭髪に受けることで抜け毛は進行してしまいます。
紫外線が頭皮・頭髪にあたえる影響は大きく2つ。

1つ目は紫外線は皮膚を老化させるということです。
女性が必死に紫外線対策をするのもこのためです。紫外線は皮膚を老化させ、しみやしわなどを増やします。もちろん頭皮も皮膚なので同じく老化していきます。
老化した皮膚(細胞)は新陳代謝が活発に行われなくなります。そうなると、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも悪くなってしまうというわけです。

また紫外線は頭皮だけではなく頭髪自身に直接ダメージを与えます。
ダメージを受けるのは髪の毛の表層のキューティクル(毛表皮)です。キューティクルは、髪の毛の水分を保持・栄養分を外に逃がさないようにする働き・また、見た目や手触りにも大きな影響をあたえます。
紫外線でキューティクルが破壊されてしまうと髪の毛の栄養や水分が保持できず、髪の毛自体がパサパサになり抜毛や薄毛の原因となるわけです。

つまり、これらの強い刺激から頭皮を守るには帽子は最適だと言えるわけです。

帽子がはげを促進させる

180度反転して帽子は「はげを促進」させる理由の1つにもなります。
大きな理由は二つ。

1つ目の理由:頭皮の蒸れ

帽子をかぶり続けると頭皮は湿度の高い状態が続きます。蒸れるというやつですね。
では頭皮が蒸れるとどうなるのか。

頭皮が蒸れると皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。もちろん皮脂が毛穴に詰まると、ふけや痒みの原因になり、さらに髪の毛に栄養がいき渡りにくくなります。
つまり抜毛・薄毛が進行していくことになるわけです。

2つ目の理由:頭皮の圧迫

何度か説明していることなのですが、髪の毛は血液から栄養をもらい成長していきます。
帽子を被ると少なからず頭皮に圧力がかかり血行を悪くする場合があります。

血行が悪くなれば、毛乳頭に十分栄養がいきわたらずに髪の毛が十分に育たない状態が続きはげの原因になってしまうのです。
特に髪の毛を結んだ状態で帽子を被る女性は注意が必要です。女性は男性よりも髪の毛の量が多く頭皮が蒸れやすいです。さらに、髪の毛を結んだ状態で帽子を被ることによって、普通に帽子を被るより頭皮を圧迫してしまいがちです。

ではどうすればいいのか。

帽子の活用ではげ対策

対策は簡単です。
帽子が原因ではげが進行してしまう可能性があるのは「帽子による頭皮の圧迫」と「帽子を被ることによる蒸れ」の2点です。

帽子による頭皮の圧迫は、少し大きめの帽子を被ることによって改善されます。ガバガバな帽子にする必要はありません。
気持ちゆとりのある帽子をチョイスして被るようにしてください。

帽子による蒸れはある程度はしかたがないものですが、少しでも通気性のある帽子を選んで被るようにしましょう。
また、紫外線が当たらない日陰や屋内に入ったら帽子は被らないように心がけてください。
夏場の屋外の作業が長時間続く場合などは、一定時間ごとに帽子を取り、頭皮・頭髪についた汗(水分)をふき取るようにして、少しでも頭皮に湿気が残らないように工夫してあげるようにしましょう。

カテゴリ内 記事一覧

発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ