ふけの正体と発生原因

「ふけ」ってなに

いきなり結論ですが、ふけは古くなった細胞が角質化して剥がれ落ちたもののことを言います。

私たちの皮膚(頭皮を含めて)は大きく4つの層に分けることができます。
一番下から
①基底層(きていそう)-皮膚となる細胞を生み出す層
②有棘層(ゆうきょくそう)-表皮のなかで一番厚い層
③顆粒層(かりゅうそう)-有棘層の細胞が水分を失いながら上昇してきた層
④角質層(かくしつそう)-皮膚細胞の終着点・雑菌などから肌を守る働きを持つ層

私たちの皮膚の元となる細胞は絶えず①の基底層で作られ続けます。新たにできた細胞は底からどんどんと上へ押し上げられて最終的に角質層までたどりつきます。
角質層までたどりついた細胞は、角質となり皮膚から剥がれ落ちます。
この時頭皮から剥がれ落ちた角質を「ふけ」と呼び、その他の皮膚より剥がれ落ちた角質を「垢・あか」と呼びます。

このことを肌の「ターンオーバー」や「新陳代謝」ともいいます。
「ターンオーバー」や「新陳代謝」は私たちが生きている限りとまらないので、完全に「ふけ」をとめることはできません。

「乾性ふけ」と「脂性ふけ」

ふけは大きく分けて2種類に分かれます。
皮脂の量が少ないためにできる乾性ふけと、皮脂の量が多いためできる脂性ふけです。

乾性ふけはその名の通り乾いたふけで、頭の洗髪のしすぎなどで頭皮の皮脂が極端に減っている状態で発生します。
この場合シャンプーの洗浄力を弱めたりシャンプー回数を減らすことで改善されることがあります。

脂性ふけは、強い粘り気があり頭皮からなかなか剥がれ落ちません。
原因としては、「男性ホルモンの過剰分泌」や「洗髪回数の少なさ」などがあげられます。
この場合男性ホルモン抑制成分の入っているシャンプーの利用や念入りに洗髪することで改善されることがあります。

「乾性ふけ」と「脂性ふけ」予防にオススメなシャンプー

髪の毛と頭皮を傷つけない無添加シャンプー&コンディショナー。
頭皮にやさしいアミノ酸系洗浄成分配合でふけや皮脂を優しく洗い落とします。


発毛専門クリニック

育毛ミスト「M-1」


世界初となる
「分子ピーリング育毛ミスト」で
髪の毛が育ちやすい
頭皮(土壌)を作り出す
最強の育毛剤。

オススメシャンプー


薄毛・抜け毛のために 開発されたアミノ酸系 スカルプシャンプー!!

オススメシャンプー②

モンゴ流シャンプーEX
楽天市場において
【男性化粧品】
【ヘアケア・トラベルセット】
【男性用ヘアケア】
【ヘアケア・シャンプー】
各部門にて堂々の1位獲得。 当サイトおすすめはげ防止シャンプー。

【おすすめ】はげ防止シャンプー徹底レビューで詳細を確認する

このページの先頭へ